料金の支払い方

英会話レッスンを受ける際に、料金の支払い方法を選ぶことができます。主に月謝制とチケット制があります。ここでは、よりお得な月謝制のメリットについてご紹介したいと思います。

月謝制のメリット

費用を安く抑えられる

チケット制に比べて、月謝制は安く抑えることができます。チケット制は回数分の購入になりますから、料金が高くなります。月謝制だと月々の分だけなので、チケットの残り枚数を気にする必要もありません。

定期的に通える

通う曜日が決まっているので、英会話を習慣づけて習うことができます。他の予定も組みやすく、ライフスタイルを確立しやすいです。

退会が楽

チケット制は、辞めたくても購入した回数分のチケットを消費しなければいけません。月謝制であればそういった心配もないので、退学手続きを楽に行うことができます。

月会費の相場金額は

男女

現役の学生のみでなく、社会的なステップアップを図る社会人や生涯学習、自己啓発の一貫として学びたい団塊世代など様々な立場や年齢の人に人気のある習い事といえば英会話スクールです。料金システムが月謝制の場合、どのような人数のレッスンを受けるのかによっても異なります。具体的に言うと、先生とマンツーマンで行うレッスンと、7~8人で同時に受けるグループレッスンではもちろん後者の方が安く受けられます。一般的なレッスンの場合、マンツーマンや生徒2人で同時に受けるペアレッスンで、月会費は1万5千円~3万円が相場です。一方大人数のグループレッスンの場合は月会費6千円~1万5千円程度です。また、学生向け、社会人向け等レッスン内容によっても変わります。また、費用は月会費だけではありません。入会時にはいくらかまとまった金額が必要になります。入会金や専用テキストの費用等です。相場では3万円程かかることが多いようですが、スクール独自のキャンペーン等で優遇される事もあるようですので気になる場合は相談してみましょう。

気軽に辞められる事も大事

女性教師

英会話スクールの料金体制はそのスクールによって様々です。1レッスンごとに料金が発生するパターン、月会費を支払う月謝制、1年分の料金をまとめて支払う年会費制等が主な料金システムです。スクールによってはいくつかの支払い方法の中から自分のニーズにあったものを選べる可能性もあるので詳細については直接確認する必要があります。一般的にはなるべく長期間の会費をまとめて支払う方が1レッスン単位ごとの料金が安くなります。つまり、1レッスンごとに払う金額より年払いにした方が1回当たりの金額は安価なのです。しかし、本当に1年間通い続けることができるのか確証がない場合、高額な費用を支払うのは憚られますよね。社会人であれば転勤など様々な理由から途中で解約する必要がでてしまった場合の損失を考慮すると、いつでも気軽に辞めたり中断したりできるという保険があるのが月謝制です。その為、料金システムは月謝制が人気です。

広告募集中